有馬記念@競馬予想

02.中山芝2500mとは【ジョッキー】

有馬記念@競馬予想

有馬記念が行われる中山芝2500mというコースですが、このコースをもっとも得意としているジョッキーは一体だれでしょうか。

1999年から2008年までの10年間のデータを分析してみましょう。このコースでは、過去10年間で117回レースが行われていますが、一番勝ち星を挙げているのは蛯名正義ジョッキーです。

通算16勝で勝率19.3%、連対率は27.7%です。蛯名所ジョッキーはマツリダゴッホ、マンハッタンカフェで有馬記念も制していますが、得意にしているコースアドバンテージもあったのかもしれません。

第二位は後藤ジョッキーで12勝、勝率16.7%、連対率は23.6%です。後藤ジョッキーはまだ有馬記念は制していませんが、これからは注目すべきジョッキーの一人かもしれません。

第三位以下のデータで、目につくところはオリビエ・ペリエジョッキーの好成績です。

勝ち星は6勝ですが、勝率37.5%、連対率はなんと56.3%です。シンボリクリスエス、ゼンノロブロイで有馬記念を3回勝っているペリエジョッキーですが、このコースはやはりいいイメージがあるのか、データにもそれが現れています。そのほかでは、田中勝、横山典、江田などが上位にランクインされています。

関東の競馬場ですから、上位にきているのが関東所属のジョッキーとなっています。このようなデータを元にして、有馬記念の予想も行ってみると、新しい着眼点が生まれてくるかもしれませんね。

3.武豊

目次