有馬記念@競馬予想

20.尾形充弘

有馬記念@競馬予想

尾形充弘調教師は、名門と言われた競馬一家の出身です。父親、祖母も有名な調教師でした。尾形調教師はグラスワンダーで有馬記念を2回制覇しています。

グラスワンダーは2歳時に朝日杯G1を勝ちましたが、その後は脚部不安で長期休養を取ることになります。

この世代には、ダービー馬で、後に有馬記念で死闘を繰り広げるスペシャルウィークのほか、キングヘイロー、エルコンドルパサー、セイウンスカイ、マイネルラブなど、多くの活躍馬がでています。この中でも、2歳時には最強と言われたのがグラスワンダーでした。

3歳秋にカムバックしたグラスワンダーを、尾形調教師は毎日王冠から使い始めます。しかし、毎日王冠は勝ったサイレンススズカの他、同期のエルコンドルパサーにも先着を許す結果になります。その後、アルゼンチン共和国杯も5着に敗れて、すでに終わったの声もでたグラスワンダーですが、有馬記念で見事復活を果たします。その後、グラスワンダーは宝塚記念を勝った後、再び有馬記念に望みました。

このレースは、宝塚記念で2着に下したスペシャルウィークとのリターンマッチと呼ばれ、レースもその名の通り激しいものになりました。レースは写真判定となりましたが、わずか数センチグラスワンダーが前に出ていたのが、このレースの結果です。尾形調教師は優秀調教師賞を6回取るなど、関東の重鎮と言われる調教師ですが、このレースについてはほんとうにハラハラしたのではないかと思います。

21.瀬戸口勉

目次