有馬記念@競馬予想

23.小島太

有馬記念@競馬予想

小島太といえば、現役時代はサクラの名がつく馬などで数々のG1レースを勝っていますが、不思議に有馬記念には縁がありませんでした。

騎手を引退後、2001年には、マンハッタンカフェの調教師として、有馬記念を制しています。

マンハッタンカフェは、サンデーサイレンス産駒として早くからその素質には注目されていましたが、春のクラシックでは体に弱いところもあり、思うような成績を上げることはできませんでした。その後、小島調教師は、マンハッタンカフェを放牧に出した後、夏の札幌競馬場でレースに使います。北海道の気候がマッチしたのか、マンハッタンカフェは古馬相手のレースで連勝して、その素質の片鱗を見せ始めます。そして、その秋の菊花賞を制するまで成長しました。

マンハッタンカフェが有馬記念を勝った年は、前年の覇者であるテイエムオペラオーが一番人気でした。そしていつもテイエムオペラオーの2着にきていたメイショウドトウが2番人気です。これらの強豪を破ったマンハッタンカフェの勝利には、大きな価値があるといえます。マンハッタンカフェの同世代には、ダービーを勝ったジャングルポケットの他にも、クロフネ、ダンツフレーム、アグネスタキオンなどの名馬が揃っていました。

この中でマンハッタンカフェは、遅れてきた大物として、その後活躍をしていきますが、それも春のクラシックで無理をさせなかった小島調教師のファインプレーといえるのかもしれません。

24松田国英

目次