有馬記念@競馬予想

25.国枝栄

有馬記念@競馬予想

関東の国枝栄調教師は、マツリダゴッホで有馬記念を勝っています。他にも、ブラックホーク、ピンクカメオ、マイネルキッツなどでG1を勝っていますが、研究熱心で、栗東などにも遠征して調教するなど、とても前向きな考え方を持った調教師です。

ですから、これからも大レースでの活躍が期待できる調教師です。マツリダゴッホについては、中山競馬場を得意としている点が特長です。

2007年の有馬記念を勝った時も、前走の天皇賞秋で惨敗していたので、あまり人気はありませんでした。しかし、蛯名騎手が強気に捲っていく競馬によって、得意の競馬場という事もあり、見事に勝利を収めています。

このときに2着に入ったのは、翌年に有馬記念を勝つことになるダイワスカーレットでした。マツリダゴッホは、3才のセントライト記念では落馬するなど、その成績についてはいまいち安定しないところもありました。

その点は、国枝調教師も充分に考慮して、少しずつ自信を取り戻すような調教方針をとってきたのではないかと思います。有馬記念を勝った翌年も、中山競馬場の名物G2レースであるオールカマーを連覇するなど、相変わらずの中山巧者ぶりを発揮しています。関西に比べて大レースでの成績がいまいち押されている関東ですが、国枝調教師のような若手の奮起によって、もっともっと頑張ってもらいたいと思います。そのことが競馬界全体の活性化につながっていくのではないかと考えています。

26.岩元市三

目次