有馬記念@競馬予想

26.岩元市三

有馬記念@競馬予想

関西の岩元調教師は、元騎手出身の調教師です。騎手時代には色々と苦労されたという話も残っていますが、バンブーアトラスでダービーを勝っている調教師です。

岩元調教師が有馬記念を勝ったのは、あのテイエムオペラオーです。

有馬記念を勝った年のテイエムオペラオーの活躍は大変なものでした。

春の天皇賞、宝塚記念、そして秋の天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念と、古馬中距離の主要なG1レースを完全制覇しています。また、前哨戦の阪神大賞典、京都大賞典といったG2レースも勝っており、この年は無敗の年でした。

また、宝塚記念から、テイエムオペラオーの2着にはメイショウドトウがいつも来るようになって、堅い馬券が続きました。本命党にとっては、非常にありがたい馬であったと、極道記者として有名な塩崎利雄氏も、その著書に書いているほどです。岩元調教師の主戦騎手は、和田竜二騎手です。苦労人の岩元調教師らしく、滅多に乗り代わりする事がありません。テイエムオペラオーに関しても、3歳時には取りこぼしと思われるレースもありましたが、騎乗が継続しています。

これはテイエムのオーナーとの信頼関係もあるのではないかと思います。調教師にとって、馬主とどのような関係を結んでいくのかという事は、厩舎運営にとって非常に重要です。ですから、時には主戦の騎手でも馬主サイドの意向によって、乗り代わりとなるケースがあります。その辺りは非常に堅い絆で結ばれた厩舎であると言えますね。

27.橋口弘次

目次