有馬記念@競馬予想

38.アグネスタキオン

有馬記念@競馬予想

アグネスタキオンは父がサンデーサイレンス、母が桜花賞馬のアグネスフローラという血統の良血馬です。2000年にデビュー後4戦目に春クラシックの皐月賞を勝ちますが、その後は脚部不安によって引退しています。

この同期には、ジャングルポケット、ダンツフレーム、クロフネなどの名馬が揃っていたのですが、その中でもアグネスタキオンは最も有力な1頭として注目をされていました。引退後は種牡馬になりましたが、有馬記念ではダイワスカーレットが1勝しています。

まだ出走している馬が少ないため、データはこれから増えていくと思いますが、産駒の活躍が期待されている種牡馬です。ダイワスカーレットの他にも、日本ダービーを勝ったディープスカイ、皐月賞を勝ったキャプテントゥーレ、エリザベス女王杯を勝ったリトルアマポーラなどのG1馬を出しています。

サンデーサイレンスの後継種牡馬としての活躍が期待されていたアグネスタキオンですが、惜しくも2009年に他界しています。2010年の産駒がラストクロップになります。アグネスタキオン産駒の特長ですが、父譲りの瞬発力とスピードを武器とする馬が多く見受けられます。有馬記念を勝ったダイワスカーレットも、素早い先行力と、直線を向いてからの瞬発力を武器として、様々なG1レースを勝っています。

まさにアグネスタキオンの代表的な産駒であると言えます。アグネスタキオンの死後は、その子供達が産んだサラブレッドの活躍にも期待したいところです。

39.オペラハウス

目次