有馬記念@競馬予想

41.シルバーホーク

有馬記念@競馬予想

シルバーホークは、父ロベルトという血統のアメリカ産馬です。有馬記念を勝ったグラスワンダーが代表的な産駒となります。ロベルトの血統からは、リアルシャダイ、ブライアンズタイムなどの大物種牡馬がでていますが、いずれも長距離で活躍する馬を多数出している種牡馬です。

グラスワンダーの他には、シルヴァコクピット、ミラクルタイム、シンコウカリドなどの活躍馬を出しています。グラスワンダーのレース振りからこの産駒の特長を見てみますが、距離的には万能型です。

先行して瞬発力を最大限に活用すると言うレース振りが多く見られます。グラスワンダーについては、古馬になってからは、左回りの成績が、右回りに比べると少し落ちる傾向がありましたが、1400mから2500mまで、非常に広い範囲の距離で勝ち星を挙げているのが凄いところです。

一般的にヨーロッパタイプの血統は、日本の早いスピードのレースに対する適性が低いと言われていますが、シルバーホークに関しては、比較的日本の馬場に対する適性も高かったのではないかと思います。

一方、グラスワンダーが初めて有馬記念を勝ったときは、馬場も結構悪くなっていましたから、どちらかというと、ちょっと時計のかかる馬場のほうに、より適性があったのかもしれません。グラスワンダーも種牡馬として頑張っていますから、いつの日かG1レースで大活躍する産駒を出してくれるかもしれません。今後の活躍に期待してみたいところですね。

42.ノーザンテースト

目次